人気ブログランキング |

<   2007年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

SaaS型表計算「OnSheet」ベータ版

7月25日、インフォテリアが、SaaS型の表計算ソフトウェア
「OnSheet」のベータ版サービスを開始しました。

SaaS(サース)とは、Software as a Serviceの略称で、
ソフトウェアをクライアントにインストールして使用するのではなく、
サーバーに置いたソフトウェアをサービスとして利用するシステムのことです。

「OnSheet」
http://www.onsheet.net/home
※「試してみる」ですぐに試用できます。ちょっと使ってみてください。

それにしても、「Google Docs&SpreadSheets」を使うようになって
まだ間もないというのに、もう新しいサービスが出るとは。

しかも、この「OnSheet」のほうが、はるかに使いやすいから驚きも2倍です。
私が「ないと意外と不便」と感じたオートフィル機能もありますし、
並べ替えやグラフについても、ほぼEXCELと同等の機能を有しています。

何より、EXCELファイルをほぼ完璧に再現できる点が優れています。
正直なところ、もうGoogle SpreadSheetsは使わないかも、と思うほど。
UIもEXCELに近いので、EXCEL初級者でもすぐに利用できると思います。

媒体を持ち歩かずとも、目前のPCにソフトがインストールされていなくとも、
ネットにさえつなげれば、いつでもどこでも表計算ソフトとファイルを操作できる。
これが当たり前になる時代も、そう遠くはないかもしれません。

ああ!今から、正規版がとても楽しみです!
by misystemM | 2007-07-30 00:21 |  ├雑記

なぜか常時5名の客がいる店

先日、ちょっとした事情があって12年前のモデムが必要になり、
12年前の物だったらもうあそこしかないと秋葉原の某所に出向きました。

山積みの電源ケーブル、変色したPC98シリーズ、
もはやゴミとしか思えないパーツの数々は、分類すらされず雑然と箱の中に。
そして、そこはかとなく漂うカビの匂い・・。

そんな店なのに、常時、5名の客がいるから不思議です。
なぜ、いるのだ?? 君たちは何の用があってここに??

途中、電源ケーブルばかりを10個ほど選んだ男性がレジに向かいました。
「いくらですか」と尋ねた客に店員が一言。「あ、それ、通電しませんよ」

\(◎o◎)/!

それでもその男性は100円を支払い、お持ち帰りされました。

あれを何に使うんだろう?
全部分解して大丈夫な部品だけ取り出して再構築するのかな?

結局、私は目的の物がなかったのでそのまま店を後にしたのですが、
店を出る時、すれ違いに新しいお客さん1名が入店し、
また、「常時5名の客がいる店」になりました。本当に不思議です。

それにしても、すっかり寂しくなった秋葉原のパーツ街ですが、
あの独特の匂い(お風呂に入っていない人の匂い)はいまだ健在で、
やはり夏はできるだけやめておこう、と小さく反省したのでした。
by misystemM | 2007-07-22 11:35 |  ├雑記

Top 15 Google Street View Sightings

先月、講習の中で「Google Maps Street View」をご紹介しました。

「Google Maps Street View」
http://maps.google.com/maps?tab=wl

1.地図、上方の[Street View]をクリック

※[Street View]が表示されていない場合は、
(1)google 日本サイトにアクセス
(2)右下の[Google.com in English]をクリック
(3)画面左上の[maps]をクリック。

2.「カメラのアイコン」をクリック
3.吹き出し内の「Zoom In」をクリック
4.「人のアイコン」を見たいエリアにドラッグで移動
5.そのエリアの街並みが写真で表示されます。
※画像、左側のボタンで方向やサイズを調整できます。

最初は、海外旅行前の下見に最適かも!と思いました。
私は地図が苦手で、旅先ではいつも地図を縦にしたり横にしたりしているので・・。
それにしても、車で移動しながらの撮影だと色々あるようですね。

Top 15 Google Street View Sightings
http://mashable.com/2007/05/31/top-15-google-street-view-sightings/

個人的には、「02. Crime in progress」が気になります。
この時、彼に何があったのか。犯罪なのか。それとも。
おそらく一生、会うこともないであろうこの男性のその後に興味をそそられます。

今、ブログ等でこういった写真をネットに公開することの是非が問われていますが、
ここは多くの方に議論を尽くしていただき、誰もが快適に使える結論を出してほしい。
地図に弱い私には、これはあまりにも嬉しいツールです。

加えて、知らぬ街を歩いているような気分にさせてくれる点も嬉しい。
おそらく一生行くことはないであろう場所。それが、確かに存在すること。
撮影された人々、おそらく一生会うこともないであろう人々の人生が今も続いていること。
それを思うと、初めて円周率を習った時のような不思議な気持ちになります。

プライバシーの侵害問題等、様々な問題をぜひクリアしていただき、
いつか世界中のストリートビューを閲覧できるようにしてくれると、とても嬉しい。
と、地図が苦手、でも旅行は好き、な私は切望しています。
by misystemM | 2007-07-06 01:56 |  ├雑記