人気ブログランキング |

<   2006年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

授業でskypeのテレビ電話をご紹介

授業の一環として、昨日、skypeのビデオ機能(テレビ電話)をご紹介しました。

教室の前後にWebカメラを1台ずつセットし、
受講生の皆さんを2つのグループに分け、いよいよ通話開始。
ほどなくして、画面に自分やクラスメイトが映ると、小さく歓声が上がりました。

カメラの前で手を振る人、じっと画面に見入る人、
「すごーい!」と手を叩く人・・・反応は様々。
中には、「このカメラ、USBでつなぐんですね」と、
前回の講習内容を復習するように話す人も。
思いのほか音質がクリアだと感じた方もいたようです。

しばらくして、
「skype同士なら通話だけでなく、このテレビ電話も無料なんですよ」
と、少し不親切にお話をしたところ、予想通り、
「skype同士というのは・・?」というご質問が。(うふ♪)
そこで、さっそくskypeのサイトをご紹介しました。

ご紹介のあと、本当ならテキストに入る予定だったのですが、
皆さん、なかなかskypeのサイトから目を離さないので、
「皆さんも使ってみますか?」とお聞きしたところ、
首をぶんぶん縦に振っていらしたので(とてもかわいい仕草でした)
各自、ダウンロードをしていただき、次回、インストールと設定をすることにしました。

後日、別の講師が、Yahoo!Messangerをご紹介する予定なので、
機会を見て、MSN Messannger と合わせた比較のお話もしてみたいな、
と思っています。

それにしても、ここで課題が一つ。
3台のPCで会議通話もやってみたのですが、
テーマを決めていなかったので、あまり良いデモになりませんでした。
次回はかなりベタな台本を作って、受講生の方に役を演じていただくなどすると、
もしかすると妙な感じで盛り上がるかもしれません。

次回はSkypeの紹介だけでなく、教室を盛り上げる工夫もしてみたいと思います。
なんて、実は私が一番、盛り上がってしまいそうなのですが(笑)
by misystemM | 2006-11-15 09:26 |  ├Skype

「パソコンが俺に歩み寄れ!」

今、あるスクールでコンピュータやネットワークに関する講習を行っています。
先日の「余談」では、7日の新聞に掲載されていたこの記事を取り上げました。

「マイクロソフト、巡回バス - 営業はアナログ路線」

(関連サイト)
全国IT実践キャラバン
"マイクロソフト号"が全国を回る!マイクロソフト、中小事業者向けIT支援新施策を発表

新聞の記事によると、マイクロソフト社CEOのスティーブ・バルマー氏は、
「コンピュータを持っていない人には(巡回バスのような)アナログな方法で
営業をしなければならない」と語った、とあります。

受講生を前にその話をしながら、ふと、ある方のことを思い出しました。

管理職の男性で、非常に有能で同僚や部下からの信望も厚いのですが、
なぜか決して、パソコンに触れようとしない方がいらっしゃいました。
社員一人に一台のパソコンが割り当てられ、連絡業務などはパソコンで、
ということになっても、作業はすべて部下任せ・・・。

ある日、理由を尋ねてみました。すると、その方は、

「今のパソコンは使いにくい。パソコンが俺に歩み寄るまで、俺は使うつもりはない」

堂々としたその回答に、周囲にいた一同は大爆笑となりました。
私も一緒に笑いましたが、なぜか笑いきれないものがありました。

今はあまり見かけなくなりましたが、
当時は、ダブルクリックに苦労されている方も少なくありませんでした。
年配の男性も、若い女性も、初めて触れるソフトに戸惑い、
思いがけない動作や突然のフリーズに慌て、カタカナ用語に混乱し・・・。

道具というのは、本来は便利なものなのに、
なぜか道具に使われ、翻弄され、時には、使えないことに引け目を感じてしまう。
こんなことは、やっぱり、おかしい、と感じていました。

今は、初心者と言っても文字入力やマウス操作は問題なくできる方がほとんどです。
受講される方も、これくらいはできないと、という意識をもっていらっしゃいます。
しかし、これは、パソコンがやさしくなった、使いやすくなったということではなく、
単に、人間がパソコンを使いこなそうと努力した結果であるように思います。

講習中は、パソコンの楽しさや便利さを伝えたい、と強く思う一方で、
本来なら、自然にその楽しさが伝わる道具であるべきだ、という
思いがあるのも事実です。

1月30日には、個人向け次世代OS「ウィンドウズ・ビスタ」が発売されるそうですが、
これは果たして、「俺に歩み寄る」OSになっているのかどうか。
その方も含めて、キャラバンで講習を受けた方がどのように受け止めるのか、
非常に興味深く見守っていきたいと思います。
by misystemM | 2006-11-08 09:39 |  ├インストラクター