人気ブログランキング |

カテゴリ: ├Windows関連( 7 )

ネットワーク上に自分のコンピュータを表示させない

ネットワークに自分のコンピュータを表示させないようにすることができます。

1.レジストリエディタを起動
2.「HKEY_LOCAL_MACHINE¥SYSTEM¥CurrentControlSet¥Services¥ lanmanserver¥parameters」を開く
3.[編集]-[新規]-[DWORD値]を選択
4.新しいDWORD値の名前を「Hidden」に変更
5.「Hidden」をダブルクリックで開き、「値のデータ」欄に「1」と入力
6.「OK」ボタンを押してレジストリエディタを終了
7.パソコンを再起動

※設定はすぐに反映されないこともあります。
※活用できるOSは、Me、2000、XPです。
by misystemM | 2007-04-28 20:46 |  ├Windows関連

ディスク関連の基本コマンド

[diskcopy]
フロッピーディスクの内容を他のディスクにコピーする。
Windowsの起動ディスクを複製する場合に便利。
FDドライブにコピー元のFDを入れて、「diskcopy a: a:」とすれば、
1台のFDドライブでコピーできる。

[chkdsk]
ディスクをチェックして、現在の状態を表示する。
ただし、通常はscandiskを利用する。

[scandisk]
スキャンディスクを実行する。
ドライブのエラーを調べてエラーを修正することができる。
なお、WindowsMe/2000/XPではサポートされていない。

[fdisk]
ハードディスクのパーティションを操作する。
通常はfdisk内のメニュー表示に従って操作する。
また、「fdisk /mbr」と実行することで、マスターブートレコードを修復できる。
Windows2000/XPのコマンドプロンプトでは未サポート。

[format]
ディスクのフォーマット(初期化)を行う。
おもなオプションは、
http://misystem.exblog.jp/m2006-01-01/#472790の通り。

[xcopy]
ファイルやディレクトリをまとめてコピーする。
CドライブをDドライブにコピーする場合「xcopy c: d: /e/c/q/h/r/u/k/y」などと実行する。
おもなオプションは、http://misystem.exblog.jp/m2006-01-01/#506472の通り。
by misystemM | 2006-07-08 21:24 |  ├Windows関連

ネットワーク関連コマンド

[ipconfig]
ネットワークインターフェイスの設定や調査を行う。

[ping]
ネットワークの接続状況を調べる。引数に接続先のアドレスを指定。

[tracert]
目的のサーバまでの経路を調べる。

[netstat]
ネットワークの接続状況などを調べる。

[nslookup]
DNSの動作を調査する。IPアドレスからドメイン名を調べたり、ドメイン名からIPアドレスを調べたりできる。

[arp]
IPアドレスとMACアドレスの対応を示すARPエントリの表示などを行う。

[ftp]
FTPサーバに接続する。「ftp ホスト名」もしくは「ftp IPアドレス」と実行する。

[telnet]
telnetクライアントの端末を呼び出すコマンド。

[net]
「net コマンド」でファイルの共有やアカウント管理、プリンタの状況などを設定できる。コマンドは「net help」で表示できる。
by misystemM | 2006-01-30 20:20 |  ├Windows関連

xcopyのおもなオプション

[/A]
アーカイブ属性のファイルをコピー(アーカイブ属性を変更しない)

[/M]
アーカイブ属性のファイルをコピー(アーカイブ属性を解除)

[/D月-日-年]
指定された日付以降に変更されたファイルをコピー

[/P]
受け側のファイルを作成する前に内容を確認する

[/S]
サブディレクトリもコピーする(空の場合コピーしない)

[/E]
サブディレクトリもコピーする(空でもコピーする)

[/V]
書き込んだ各ファイルを検証する

[/C]
エラーが発生してもコピーを続行する

[/Q]
コピー中にファイル名を表示しない

[/F]
コピー中に受け側と送り側のパスおよびファイル名を表示

[/L]
コピーするファイルを表示

[/H]
隠しファイルやシステムファイルもコピーする

[/R]
読み取り専用ファイルを上書きする

[/T]
ディレクトリのみ作成してファイルはコピーしない

[/U]
受け側にすでに存在するファイルだけコピーする

[/K]
属性をコピーする

[/O]
ファイルの所有権とACL情報をコピー(WIN2000/XP)

[/X]
ファイルの監査設定をコピー(WIN2000/XP)

[/Y]
既存のファイルを上書きするときに確認しない

[/-Y]
既存のファイル名を上書きするときに確認する

[/N]
短いファイル名を使ってコピー

[/Z]
再起動可能モードでネットワークファイルをコピー
by misystemM | 2006-01-26 02:08 |  ├Windows関連

formatのおもなオプション

[/FS:ファイルシステム]
ファイルシステムを指定。ファイルシステム名の箇所には、FAT、FAT32、NTFSを指定する。(WIN2000/XP)

[/V:ラベル]
ボリュームラベルを設定

[/Q]
クイックフォーマットを実行

[/F:サイズ]
フォーマットするフロッピーディスクのサイズを指定

[/T:トラック数]
ディスクの片面あたりのトラック数を指定

[/N:セクタ数]
1トラックあたりのセクタ数を指定
by misystemM | 2006-01-23 17:15 |  ├Windows関連

各コマンドの共通オプション

[/?]
ヘルプを表示

[>ファイル名]
表示内容をテキストファイルとして保存

[/more]
1画面ごとに表示を停止し、Enterキーを押すと1行ごとに、スペースキーを押すと1画面ごとに表示する。
by misystemM | 2006-01-17 02:06 |  ├Windows関連

ファイル操作の基本コマンド

[<ドライブ名>]
ドライブ名に続けてコロンを入力すれば、そのドライブへ移動する。
たとえば「D:」と入力すれば、Dドライブに移動する。

[cd]
現在のディレクトリ(フォルダ)を表示、変更する、「cd AAA」とすれば、AAAディレクトリに移動する。
何も指定せず「cd」とだけ入力すると、現在のディレクトリを表示する。

[dir]
ディレクトリ内のファイル一覧を表示する。

[copy]
ファイルをコピーする。「copy AAA BBB」で、AAAというファイルをBBBにコピーする。

[del]
ファイルを削除する、たとえば「del AAA」でAAAというファイルを削除する。

[deltree]
ディレクトリをサブディレクトリごと削除する。
「deltree c:¥xxx」でCドライブの下にあるxxxディレクトリを削除できる。
2000/XPでは未サポート。

[md]
ディレクトリを作成する。

[type]
テキストファイルの内容を表示する。
たとえば、config.sysの内容を表示する場合は、「type c:¥config.sys」などと実行する。
分量が多く1画面で収まらない場合は、moreコマンドを利用すればよい。

[more]
出力を1画面ずつ表示する。「more c:¥config.sys」などと利用できる。
また、ほかのコマンドと組み合わせて利用することもできる。
「type c:¥config.sys|more」など。

[attrib]
ファイルの属性(アトリビュート)を表示、変更する。
Windows上でファイルの属性変更を行なえない場合に役立つ。
たとえば「attrib +R +H -A c:¥xxx」というように実行する。
オプションは「attrib/?」で表示のこと。

[fc]
2つのファイルを比較して相違点を表示する。

[find]
ファイル内のテキスト文字列を検索する。
「find “文字列” ファイル名」という書式で実行する。

[edit]
DOSプロンプト上で動くテキストエディタを起動する。2000/XPでは未サポート。

[help]
コマンドプロンプトで使えるコマンドを一覧表示する。
「help コマンド名」でコマンドのヘルプが表示される。
by misystemM | 2006-01-10 14:23 |  ├Windows関連