人気ブログランキング |

カテゴリ: ├雑記( 18 )

関連用語を視覚的に見る visuwords

類義語を視覚的に表示してくれるサイトです。

visuwords
http://www.visuwords.com/

f0036392_16133254.jpg


画面右上のボックスに調べたい単語を1つ入力します。※英語のみ対応。
すると、入力した単語と類義語が表示されます。

単語や類義語をポイントすると、説明文がポップヒントで表示されます。
ダブルクリックすると、さらに類義語が表示されます。

単語が増えると、画像が大きくなってしまうので、
その場合は、マウスのホイールでサイズ調整をします。

また、単語をドラッグすることで全体をふわふわと移動させることもできます。
これが楽しいんです。なんだかクセになってしまいそう。

私はIT用語を入力してみましたが、もちろん日常使用する英単語もOKです。
「Happy」「Love」など簡単な単語を入力して、しばらく遊んでしまいました。
日本語にも対応してくれると嬉しいけれど・・やっぱり難しい・・かなあ。
by misystemM | 2007-09-06 16:22 |  ├雑記

夜空を探索!Google Sky

Google Earth に新機能が追加されました。
夜空を探索できる「sky」という機能です!

f0036392_7411369.jpg


思わず胸がときめくような画像の数々!
夜空や星の本を眺めるのが好きな方には、たまらないサービスではないでしょうか。
これを眺めていたら時間があっという間に過ぎてしまいそう。

残念なのは、検索機能が日本語に対応していないこと。
見たい星や星雲の名前は、あらかじめ英語の表記を確認しておくほうが良さそうです。

Google Sky(と呼んで良いのだろうか?)は、
Google Earth 4.2 バージョンで楽しむことができます。
4.2をインストール後、ツールバーに「Sky」ボタンが追加されるので、
これで、「Earth」と「Sky」を切り替えます。

これは本当に楽しいですよ!オススメです!
by misystemM | 2007-08-25 07:45 |  ├雑記

SaaS型表計算「OnSheet」ベータ版

7月25日、インフォテリアが、SaaS型の表計算ソフトウェア
「OnSheet」のベータ版サービスを開始しました。

SaaS(サース)とは、Software as a Serviceの略称で、
ソフトウェアをクライアントにインストールして使用するのではなく、
サーバーに置いたソフトウェアをサービスとして利用するシステムのことです。

「OnSheet」
http://www.onsheet.net/home
※「試してみる」ですぐに試用できます。ちょっと使ってみてください。

それにしても、「Google Docs&SpreadSheets」を使うようになって
まだ間もないというのに、もう新しいサービスが出るとは。

しかも、この「OnSheet」のほうが、はるかに使いやすいから驚きも2倍です。
私が「ないと意外と不便」と感じたオートフィル機能もありますし、
並べ替えやグラフについても、ほぼEXCELと同等の機能を有しています。

何より、EXCELファイルをほぼ完璧に再現できる点が優れています。
正直なところ、もうGoogle SpreadSheetsは使わないかも、と思うほど。
UIもEXCELに近いので、EXCEL初級者でもすぐに利用できると思います。

媒体を持ち歩かずとも、目前のPCにソフトがインストールされていなくとも、
ネットにさえつなげれば、いつでもどこでも表計算ソフトとファイルを操作できる。
これが当たり前になる時代も、そう遠くはないかもしれません。

ああ!今から、正規版がとても楽しみです!
by misystemM | 2007-07-30 00:21 |  ├雑記

なぜか常時5名の客がいる店

先日、ちょっとした事情があって12年前のモデムが必要になり、
12年前の物だったらもうあそこしかないと秋葉原の某所に出向きました。

山積みの電源ケーブル、変色したPC98シリーズ、
もはやゴミとしか思えないパーツの数々は、分類すらされず雑然と箱の中に。
そして、そこはかとなく漂うカビの匂い・・。

そんな店なのに、常時、5名の客がいるから不思議です。
なぜ、いるのだ?? 君たちは何の用があってここに??

途中、電源ケーブルばかりを10個ほど選んだ男性がレジに向かいました。
「いくらですか」と尋ねた客に店員が一言。「あ、それ、通電しませんよ」

\(◎o◎)/!

それでもその男性は100円を支払い、お持ち帰りされました。

あれを何に使うんだろう?
全部分解して大丈夫な部品だけ取り出して再構築するのかな?

結局、私は目的の物がなかったのでそのまま店を後にしたのですが、
店を出る時、すれ違いに新しいお客さん1名が入店し、
また、「常時5名の客がいる店」になりました。本当に不思議です。

それにしても、すっかり寂しくなった秋葉原のパーツ街ですが、
あの独特の匂い(お風呂に入っていない人の匂い)はいまだ健在で、
やはり夏はできるだけやめておこう、と小さく反省したのでした。
by misystemM | 2007-07-22 11:35 |  ├雑記

Top 15 Google Street View Sightings

先月、講習の中で「Google Maps Street View」をご紹介しました。

「Google Maps Street View」
http://maps.google.com/maps?tab=wl

1.地図、上方の[Street View]をクリック

※[Street View]が表示されていない場合は、
(1)google 日本サイトにアクセス
(2)右下の[Google.com in English]をクリック
(3)画面左上の[maps]をクリック。

2.「カメラのアイコン」をクリック
3.吹き出し内の「Zoom In」をクリック
4.「人のアイコン」を見たいエリアにドラッグで移動
5.そのエリアの街並みが写真で表示されます。
※画像、左側のボタンで方向やサイズを調整できます。

最初は、海外旅行前の下見に最適かも!と思いました。
私は地図が苦手で、旅先ではいつも地図を縦にしたり横にしたりしているので・・。
それにしても、車で移動しながらの撮影だと色々あるようですね。

Top 15 Google Street View Sightings
http://mashable.com/2007/05/31/top-15-google-street-view-sightings/

個人的には、「02. Crime in progress」が気になります。
この時、彼に何があったのか。犯罪なのか。それとも。
おそらく一生、会うこともないであろうこの男性のその後に興味をそそられます。

今、ブログ等でこういった写真をネットに公開することの是非が問われていますが、
ここは多くの方に議論を尽くしていただき、誰もが快適に使える結論を出してほしい。
地図に弱い私には、これはあまりにも嬉しいツールです。

加えて、知らぬ街を歩いているような気分にさせてくれる点も嬉しい。
おそらく一生行くことはないであろう場所。それが、確かに存在すること。
撮影された人々、おそらく一生会うこともないであろう人々の人生が今も続いていること。
それを思うと、初めて円周率を習った時のような不思議な気持ちになります。

プライバシーの侵害問題等、様々な問題をぜひクリアしていただき、
いつか世界中のストリートビューを閲覧できるようにしてくれると、とても嬉しい。
と、地図が苦手、でも旅行は好き、な私は切望しています。
by misystemM | 2007-07-06 01:56 |  ├雑記

Google Docs & Spreadsheets[日本語版]

Googleの新サービスで、Webブラウザ上で利用できるワープロ、表計算ソフト、
Google Docs & Spreadsheets の日本語版を使ってみました。

このソフトの特徴は、

・無料である
・パソコンにソフトをインストールする必要がない
・インターネット接続されたパソコンがあればどこにいても利用できる
・WordやExcelのファイルもインポート、エクスポートできる

などなどたくさんありますが、一番の魅力はやはり、
「ひとつのファイルを複数のメンバーで共同編集できる」
という点ではないかと思います。

たとえば、Google Spreadsheets の場合、
チャットウィンドウがあるので、それで打ち合わせをしながらデータを修正、
すると即座に全員のブラウザに反映されます。
スケジュールや見積書作成など、打ち合わせをしながら決めたい時は使えそうです。

f0036392_21593838.jpg

とは言え、EXCELに慣れた身に、オートフィル機能がないのはつらい。
関数はかなり用意されているものの、グラフや並べ替えの機能も今ひとつ。
今はまだ、あくまでも打ち合わせ用として利用し、
最終的な仕上げはEXCELで、という使い方になりそうです。

それにしても、次から次への新サービスを提供するgoogle。
googleが目指す未来を思う時、ちょっぴり恐怖感を覚えるのは私だけでしょうか・・・・。
by misystemM | 2007-06-19 21:45 |  ├雑記

「いつもの画面がない!」

今朝、友人から慌てた様子で電話がありました。会社からです。
第一声は、「いつもの画面がない!」でした。

まずは落ち着いてもらって、それからゆっくり話を聞いてみると・・・。

どうやらアカウントを新規作成したようです。(WinXP Pro使用)
それまではデフォルトのままAdministratorでログインしていたようなので、
これは新規に作成したことが原因かな、と思いました。

さっそく、「コンピュータの管理」ダイアログボックスを開いてもらい、
以下の操作をお願いしました。

1.[ローカルユーザーとグループ]-[グループ]を展開
2.[Administrators]-[プロパティ]
3.「所属するメンバ」リストから「追加作成したアカウント名」を選択し、[削除]

そして、ログオンし直してもらい無事に解決。ほっ。
友人も「出た!いつもの画面!」と喜んでいました(*^.^*)

実は私も以前やってしまったことがあります。
一瞬、焦りましたが、ユーザープロファイルが残っていることは確認できたので、
比較的すぐに元に戻すことができました。戻るまではドキドキでしたが。
(ですから、慌てる友人の気持ちはとてもよく分かりました)

セキュリティ上、アカウントは新規に作成したほうが良いのですが、
個人では特に必要がない限り、Administratorのまま使用することが多いと思います。
友人は情報セキュリティに関する書籍を読み、トライしたそうですが、
今回の結果は予測できなかったらしく、上記のような結果になりました。

こういうことがあるとすぐに講座と結びつけてしまうのですが・・
セキュリティの講座では今後、概論だけではなく実技も大切かな、と
今、考えているところです。
by misystemM | 2007-03-15 09:39 |  ├雑記

mixiコミュ 「クリックできまい!」

mixiに「クリックできまい!」というコミュニティがあります。
「何を?」とお思いでしょうが、それは内緒です。
誰かのコミュニティ一覧から入れたら成功です。
コミュ検索、携帯、tab、反転、などは禁忌だそうです。

ちなみに、だいたいこういう感じです。
以下の場合はクリックできるとチビウィンドウが開きます。

↓ ここf0036392_1841371.gif

できました?


※[ヒント]矢印の先端よりもうちょっと左寄りです。

by misystemM | 2007-03-09 15:06 |  ├雑記

PC-Successが破産手続き

また、秋葉原から馴染みの店が消えてしまいました。

PC-Success のサクセスが破産手続きへ、一時本社は騒然

安値の通販店として有名な「PC-Success」、私も時々利用していました。
ひとまずネットで価格を調べておいてから秋葉原のPCショップを一通りまわり、
やはり「PC-Success」が一番安いということを確認してからお店に行く、
というのが決まったコースでした。

とても狭い店内でした。人がすれ違うのもやっと、というほど。
しかし、ここに来る人はすでに買うものを決めていて、
店内は静かながらも、「今日は買う。」という不思議な熱気に包まれていました。

この夏、久しぶりに秋葉原のパーツ街を訪れて驚きました。
よく行っていたお店が閉店していたり、店舗を統合していたり・・。
ずいぶん景色が変わってしまったように感じました。
今はもう自分で楽しむ以外に、自作のメリットはないということなのでしょうか。
(そういう私も先月、自作PCを引退させメーカー製を購入しましたが)

かつて大変な賑わいだったあの通りは、これからどうなってしまうのか。
IT業界の流れは本当に早いですね。
by misystemM | 2007-02-16 08:49 |  ├雑記

ホームサーバーのある未来?

今年、HPなどから一般の家庭向けサーバー、
「Windows Home Server」が発売されるそうです。

MSゲイツ氏が語る、ホームサーバのある未来
http://japan.cnet.com/interview/biz/story/0,2000055955,20340594,00.htm

我が家には、サーバーが1台あります。接続しているのは5台。
常に全機がフル稼働しているわけではありませんが、やはり非常に便利です。

無線LANを導入している家庭も増えていますし、
部屋を移動し、別のPCを使用して仕事を続ける、
というケースも少なくないと思います。

となると、ゲイツ氏が話しているように、本当に、
「簡単にセットアップでき」かつ「常時監視をしていなくてもよい」サーバーであれば、
導入を検討する家庭が増えるかもしれません。

ただ、「サーバー」というものに対する一般的なイメージが、
「特別な技術や知識が必要ではないか」「なんとなく難しそう」
といったものであることを考えると、「簡単」という点で確証が得られないと、
検討だけでで終わってしまう可能性が高いような気もします。

このあたり、ゲイツ氏も「参入しようとしているのは新しい市場」であり、
「この市場の規模はまだ分かりません」と話しているので、
様子を見ながらこれから戦略を練る、というところなのかもしれません。

それにしても、ビジネスセンスってこういうことを言うのかな、と
改めて思いました。潜在的なニーズを掘り起こすというのか。

私は新製品に出会った時、たいていの場合、懐疑的になります。
「これって必要かしら?」「なくても何の問題もないと思うけど」と。
しかし、ひとたび使用すると、もう二度と手離せなくなってしまう。
そういう製品(ハード、ソフト共に)が、私にはたくさんあります。

必要だと思っていないのに、いつしか必需品になってしまう。
まさに、開発者の思うツボ(笑)

新しいものについていくだけで大変な人間がいる一方、
新しいものを世に送り続ける非凡な才能の人々がいる。
享受する側の私は、このホームーサーバーの行く末を
隅のほうから、ちょっと見守ってみたいな、と思います。
by misystemM | 2007-01-15 02:33 |  ├雑記