人気ブログランキング |

カテゴリ: ├水泳( 6 )

2000m達成!(水泳)

夢が1つ実現しました。クロールで2000m達成です!
相変わらずのんびりゆったりで50分間かかりました。
さすがに顔にはゴーグルの跡がくっきりです。ハズカシイ。

達成できたのは、これまでも何度か指導してくれた友人(元競技選手)のおかげです。
(Mちゃん、いつもながら本当にありがとう。今度、フルーツハーブティをおごらせてね)
前回は、次のようなアドバイスをもらいました。

・水中では前方を見る
 →水上に顔を出している時間が飛躍的に長くなり、呼吸が楽になりました。
  (それまでは真下を見ていたのです。前を見ると息継ぎがスムーズです)

・肩で肩を回すような感じで
 →身体のどこにも負担がかからなくなりました。とても楽になりました。

・水上での腕の動き・・・入水まで腕は身体と平行に(身体の内側に入れない)
 →ストロークから無駄な動きが無くなりました。

キックは、ほとんどしていません。腕の動きだけで進んでいます。
そのためかなり遅く、25mに24ストロークもかかります。
今後はキックも入れて、ストローク数を20まで減らすのが目標です。

週2回程度しか行けませんが、これからもコツコツ頑張りたいと思います。
地道にコツコツ。少しずつ、少しずつ。
実らない努力は多いけれど、でも、実る努力も確かにある。
って、自信を持って言えるようになれたらいいなあ、と思っています。

ところで、にゴーグルの跡ですが、
田中宥久子さんの造顔マッサージは効果があるようです。
プールサイドのジャグジーで10分マッサージをしたらすっかり消えました。
気にされている方、もしいらしたらやってみてください。オススメですよ。
by misystemM | 2007-08-12 11:10 |  ├水泳

やや進歩

今年も相変わらず週末はジムで泳いでいます。

昨年末にクロール1000mを達成し大感激していたのですが、
それが落ち着くと、今度はスピードに不満を感じるようになったため、
今年に入ってから少し泳ぎ方を変えてみることにしました。

これまでのように、ひたすらゆっくり泳ぐのではなく、
全力100mを6本+ややゆっくり300mを4本、といったふうに、
速く泳ぐことを心がけるようにしました。

さらにジムに行かない平日は、ヒンズースクワット20回×5本、
その他、腹筋、腕立て伏せなどを各20回×2本など、
筋力トレーニングを独自に行っていました。

その結果。今日、1000mを20分で泳ぐことができました!
前回は25分でしたから、実に5分も時間短縮できたことになります。
すごい!もしかしたら50mか100m、数え間違えているのだったりして!
と思ったりもするのですが(笑)

それにしても・・・嬉しい♪ うふ♪
上達するって、いくつになっても本当に嬉しいものですね。
by misystemM | 2007-02-18 01:35 |  ├水泳

1000mを25分で完泳!

睡眠不足でふらふらしていた今日。
気分転換しておいでいよ、という夫の勧めもあり、
ほんの少し泳いだら後はスパで疲れを癒そうと、
低いテンションのままジムに向かいました。

ジムって不思議です。あの雰囲気のせいなのでしょうか。
みんながスポーツで汗を流している姿を見ると、
小さく、よし、と思ってしまいます。

水着を着て、プールに入り、腕や足の筋肉を伸ばし、
すっと潜って、壁を蹴ったら、あとはただ気持ち良くなりました。

今日はとても空いていて、1コースに1人か2人。
他のスイマーとの距離を考える必要なく、
ただ自分のペースで泳げたのが良かったのだと思います。

また、1ヶ月ほど前、競技選手だった友人に、
ターンの仕方を教えてもらったことも大きいと思います。
スムーズにターンできるようになったことで、
体力の消耗を防ぐことができたような気がします。

本当に気持ち良かった。
300m、いい感じ。500m、うん、まだ行けるぞ。
700m、800m・・・もしかしたら行けるかもしれない。
息継ぎのときに時計を見て、時間も確認しながら泳ぎました。

そして、ついに1000m達成!

まだ行けそうだったのですが、ひとまず足を着きました。
そして、水の中で小さくガッツポーズ(笑)
時間は25分。25分間、泳ぎ続けてやっと1000m。

気づけば、プールには私の他に男性が2人だけ。
人が見ていないのを良いことに、天井を見上げて「はぁ・・」と
大満足のため息をついてしまいました。

それにしても、本当に感激です。
陸上でも水中でも、長距離はまるでダメな私だったのです。
その私が、齢四十をいくつか越えたところで、
自分には絶対無理だと思っていた1000m完泳を果たしたのです。

感激です。感無量です。本当に嬉しい。

これは、やはり、正しい泳ぎ方、ターンの仕方を
指導経験のある人に教えてもらったことが大きいと思います。
やはり基本を学ぶことは、とても大切なのだと改めて思いました。
(Mちゃん。本当にありがとう。あなたの指導のおかげです。)

そして、とても強く思ったのは、誰にも可能性はある、ということ。
この私にも、あったのです。
無理だと思っていたことが、この年齢で出来るようになったのです。

私には、「私には向いていない」「私には絶対無理だ」と
断言できるものがたくさんあります。
しかし、もしかしたら、いつか、そうでなくなる日が来るかもしれない。

向いていないと思っていたことが出来るようになり、
絶対に無理だと思ったことも出来るようになるかもしれない。

と、他の方にとってはたいしたことのない小さな出来事だと思いますが、
私にとっては、とても大きな収穫のある一日になりました。

次の目標は1,500m。そして、スピードアップ!
そのためには筋力を鍛える必要があるように思います。

めざせ! マスターズ!←テンション上がり過ぎ(笑)
by misystemM | 2006-12-10 00:33 |  ├水泳

500mノンストップ!

7月後半、ノンストップで500mを泳げるようになりました。
25mを20ターン、10往復です。

水泳が趣味の人にとっては、こんなこと当たり前かもしれませんが、
今まで、200m、100m、疲れてくると50mごとに一休みしていた
私にとっては、これはまさに快挙です。

その日は、いくら泳いでも疲れなかったのです。
身体が水と水の間にすっぽり入ったような感じで、
水の抵抗をまったく感じなかったのです。

感じないどころか、腕と手先が、水の「ここ!」というところを
さくっとかいているような感じで、ぐいぐいと前に進むのです。
腰から下もほどよく振れて、足がヒレになっているみたいだなあ、と
そんなことを思いながら泳いでいました。

それにしても、なぜ、この日は楽に長く泳げたのか。

素人の分析なので的外れかもしれませんが、
おそらく、身体から余分な力が抜けていたからではないかと思います。

実は数日前、子供に思い切り体当たりされて肋骨にヒビが入ったのです。
それでも、どうしても泳ぎたくてプールに行ったのですが、
軽く咳をしただけで、「あうっ」となるほどの痛み。
そこで、身体にあまり力を入れないようにして泳いでみました。

すると、腰から下にあった余分な緊張がゆるみ、
身体全体がよく振れて、楽に泳げるようになったのです。
呼吸は地上にいる時と同じくらい楽、腕も足もまったく疲れない。

怪我の功名とは、まさにこのことか。

しかし、「うわあ、ちっとも疲れないなあ。嬉しいなあ」と思いながら、
ふと、いや、待てよ、と思いました。

これでは痩せないのではないか?
疲れない = 痩せない、ということなのでは?

うーむむむむ。

まあ、しかし、目的はダイエットではなく健康維持。
だから、ま、いっか・・・。
by misystemM | 2006-09-04 12:37 |  ├水泳

この瞬間がたまらない

今日、二週間ぶりに泳ぎに行ってきました。
久しぶりだと水が重いんですよね。身体にまとわりつくような感じで。

一週間ぶりだと300mほど泳いだところで、それが取れるのですが、
今回は600mほどでやっと軽くなりました。実は、この瞬間がたまらない。

最初は、よいしょ、よいしょ、と泳いでいるような感じだったのが、
ふとある瞬間から、あら?どうしたのかしら?と心の中でつぶやいてしまうほど
劇的に水が軽くなって、あとはもう、いくらでも泳げるような気分になってしまう。
腕や足にも自然と力がみなぎって、ぐい、ぐい、と進んでいるような気がする。

もう最高です。水がさらさらと身体をすり抜ける感触。
今日はたっぷり1500mを気持ち良く泳いできました。

泳いだあとは本当に気持ちがいい。
身体中の細胞が私に「ありがとう!」と言っているような気がする。
階段なんか、タンタンタン!と駆け上がったりして。
うわー、元気、元気! 楽しいなあ! とウキウキ気分です。

と、楽しいのはそれで良いのですが、上達はしているのかというと・・・
なんとなく、以前に比べて全身を使っているような気はするのですが・・。
気のせいだったら悲しいなあ。

来週、例の友人にチェックをしてもらえそうなので、
そこで改めてフォームを修正していきたいと思います。

それにしても。
好きなことができるって、本当に幸せだし、ありがたいことだと思う。
応援してくれる家族に感謝。健康に感謝。平和な日本に感謝。
1500mが私に授けてくれた幸せは宇宙よりも大きい。

なんて言ったら、ちょっと大げさですか(笑)
by misystemM | 2006-03-19 02:15 |  ├水泳

泳ぎもマウス操作も

フィットネスジムに通っています。

施設もプログラムも非常に豊富なジムなのですが、私はプールのみ。
(なんだか会費がもったいないような気がしないでもない・・・)

いつも、頭の中を空っぽにして、ゆっくりと1000mほど泳いで終了。
と、長い間、その淡白な(?)スタイルに満足していたのですが、
ある日、ふと、これでいいのか?と思うようになりました。

もっと速く泳ぐには? もっと長く泳ぐには? フォームはこれでいいの?
一体、私は正しく泳げているのだろうか?

さっそく、競技選手だった友人にチェックしてもらいました。
某大手スイミングスクールで選手育成にも携わっていたという彼女、
私のような運動神経の鈍い者にもわかるような丁寧なアドバイスをしてくれました。

「もっと腕を伸ばしたほうがいいね。もっと耐えて」
「大きく肩を回すように意識してみて。軸さえぶれなければ大丈夫だから」
「足はあまり動かさなくていいよ。疲れるでしょ?」

と、言われて、そのときは「なるほど」と思う。
が、実際に泳ぎ始めると、これがなかなかできない。

そこで気づいたこと。

身体は、思うように動かないんだなあ、と。
腕のことを考えていると、足がおろそかになり、
足に神経が行っていると、肩のことを忘れてしまう。

パソコン入門講座では、マウス操作の練習にもっと時間をかけよう。
泳ぎながら、しみじみ思いました。

そういえば、スキーでもゴルフでも身体が覚えるまで本当に大変でした。
身体って、なかなか言われた通りに動かせないんですよね。
でも一度できるようになると、なぜ前はできなかったのか不思議にさえ思う。

そういえば、昨年12月の記録会では、クロール25mが23秒00でした。
今年の目標は20秒を切ること。←今、決めました(笑)

身体のことは、最初は、とても時間がかかる。
インストラクターのお仕事をする時も、泳ぎを教えてもらう時も、
それを忘れないようにしよう。そう思いました。
by misystemM | 2006-01-26 02:05 |  ├水泳