人気ブログランキング |

まるでオブジェのように

外出のため、洗面所でしばらく時間を過ごした後のことです。
「はい!準備完了!さあ、お外に行くよー!」
と声をかけながら洗面所を出ると、目の前を白い線が走っている。

「?」と思いながら、よく見るとそれは白いビニール紐。
たどっていくと、家の中を白いビニール紐が幾重にも横断していました。

どうも息子が、ビニール紐の端を玄関のドアノブに引っ掛け、
残りを持って部屋中を走り回ったようです。

紐はリビングのソファーを一巻きし、ダイニングテーブルも一巻き、
そのままキッチンのシンク下を通って、また出て、そのままリビングに戻り、
続いて和室の家具、カーテンを巻いて、おもちゃ箱の中を通って、
仕事部屋の私のモニターを一巻きし、部屋の隅に放り投げてあったメモリを巻き、
今度は寝室の観葉植物を巻き、またリビングに戻り・・・・・・・。

白いビニール紐1本、丸ごと使い切っていました。

家の中という中がビニール紐です。あまりにもシュールな光景に、
思わず「す、すごいね」と感嘆の声をあげてしまいました。
私の表情に息子は満足したのか、満面の笑みです。

困りました。叱るべき・・・なのでしょうけれど・・・。うーん。
きっと前から一度やってみたかったのだろうなあ、と思うのです。
そして、それをやり遂げて、どうやら母も喜んでいるらしい。
2歳の息子が今、小さく達成感を味わっているかと思うと・・叱りづらい。

「いやー、すごいねー。なんかもう、すごく綺麗だよねー。
でもひっかかると危ないから、この紐はお母さんが巻き戻しておくね」

という非常に中途半端な台詞を残し、地道に巻き戻しました。
途中、ビニール紐を踏みつけて巻き戻しを阻止されるなどありましたが、
無事にすべて巻き取ることができました。

最近の息子は色々なことをやってくれます。
きっと何もかもが珍しくて、やってみたいこと満載なのでしょう。
果たして明日は何をやってくれるやら。怖いような、楽しみなような・・・。
by misystemM | 2007-06-03 23:08 |  ├育児
<< 子供の城(埼玉県上尾市) 国立西洋美術館 >>